女性が健康でキレイに生きるために

女性が健康でキレイに生きるためのお役立ち情報を集めて紹介しています・

結婚・婚活

女子力アップで良い出会いを

婚活中の女子は大変です。

より良い条件で生涯添い遂げられるような良縁を探さなければいけないからです。

結婚できるなら、誰でも良いというわけではありません。

出来れば、今まで仕事に打ち込んできて、恋愛をするゆとりがないまま30歳を過ぎていた…というくらいの雰囲気の人がいいですよね。

まじめで、仕事もしっかりしていて、優しい感じの人が理想です。

しかし、そういう男性は仕事をきちんとしてきた分、人を見る目も肥えているものです。

ですから女性が婚活に夢中になっていても、目の肥えた男性は、女性の言葉や様子から伺える色々なサインで、女性の本当の姿を見抜いてしまうかもしれません。

私たちが忘れてはならないのは「女子力」です。婚活中の女性はみんな、「女子力」をアップさせる努力を怠ってはいけません。

自分の会話、言葉遣い、生活習慣は独身のうちにこそ磨いておくべきものです。

彼氏が出来てからとか、結婚したらちゃんとするという言い訳をしている人は、きっといつまでたっても改善はできません。

また、女性としての向上心を持ち、お料理教室に通ったり、ヨガなどのカルチャースクールに通ってみるのもよいかもしれません。

面倒な事にも、新しい事にも果敢に積極的に取り組むなら、磨かれる女子力に目を留めてくれる素敵な良縁に必ず巡り合えると思います。

親からの結婚プレッシャー

去年あたりから両親からの結婚しろとの無言、有限のプレッシャーがすごいことになってきてましてはっきりいうとちょっと面倒です。

というのも私自身は結婚願望がないので、見合い相手を紹介されても困りますし、見合いをする気もないのですが、ガンガン来るわけです。

まあ、気を使ってくれるのは嬉しいのですが、まだする気がないというものをガンガン勧められても応じるのは難しいんです。

ということで、しばらくはほって置いて欲しいですね。

主人と私

今日は、主人と結婚して20年目の結婚記念日です。

子供には恵まれませんでしたが、主人と共に歩んで来た20年は、私にとって本当に幸せを感じられる最高の人生だと感じています。

恋愛結婚で結ばれた私達ですが、今まで一度たりともケンカをした事が無いのです。

主人はいつでも笑顔を見せてくれます。

そんな主人を見ている私も自然と笑顔になってしまうのです。

「お子さんが居ないと、寂しいでしょう」と若い頃はよく言われましたが、これも私達の人生なのかと思っています。

婚活を始める前にしたいこと

結婚相手に出会いたい!と思っているなら、ぜひおすすめしたいことがあります。

それは、相手の条件を紙に書き出すことです。

書き出す方法には諸説ありますが、とにかく書き出すことが大事です。

例えば、頼まれてお酒を買いにいくとしても、それがワインなのか日本酒なのか焼酎なのかビールなのかがわからなければ、買い物はとてもやりにくいですよね?

それと同じで、こんな人がいい!という明確な希望を自分の中で整理できていないと、実はすでに目の前に現れていたとしても、気づけないものなのです。

まずは自分の本当の願いを知ること、そこから始めてみてください。

私が結婚することになったきっかけ

私は結婚して4年が経ちました。

結婚する前は実家で暮らしながら、派遣社員で事務職に就いていました。

その当時は早く結婚したいけれど、なかなか良い人に巡り合えず、
今ほど婚活と言うものが盛んではなかったので、とりあえず知人友人に「いい人が居たら紹介して」と言っていました。

そのかいあって、友人の紹介で知り合ったのが今の主人です。

知り合った時すでにお互いに30代だったため、初めから結婚を意識した付き合いだったような気がしますが、
結婚へ大きく前進したのが『リーマンショック』でした。

派遣の仕事の更新ができなくなり、なんとなくそろそろ結婚しようか・・・
という曖昧だったものに拍車がかかり、話が進んでいきました。

幸い、主人の会社はほとんどリーマンショックの影響が無かったので、それも話が進んだ要因だった気がします。

遠い海の向こうで起こったリーマンショックで大変な目にあわれた方もたくさん居ますが、
私の場合は自分の人生を決める、とても良いきっかけとなる出来事でした。