女性が健康でキレイに生きるために

女性が健康でキレイに生きるためのお役立ち情報を集めて紹介しています・

花粉症の治療

花粉症の治療

花粉症は日本列島の南方で2月上旬から飛散し始めるということですが、気温の上昇にともなって次第に北上するということがあります。そしてそれは4月下旬まで続くということです。日本人の約10%がスギ花粉症にかかっているともいわれて目に多く症状がでています。

花粉症の治療としては、点眼液を使って症状を抑えるということをします。それは花粉が飛散する前に抗アレルギー薬を使うことでアレルギー症状が軽減するということもあります。また、花粉症の症状がでたら悪化しないように抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬と副腎皮質ステロイド剤など医師の支持のもとで処方してもらいます。

ヒスタミンは血管や神経に作用してアレルギー症状を引き起こしますが、抗アレルギー薬ではアレルギー反応のいろいろなプロセスに反応することで症状を抑えることができるのです。

ほかに副腎皮質ステロイド剤という効果の高い改善薬がありますが、それは花粉症だけではなくアトピー性皮膚炎や気管支喘息、リウマチなどにも使用されています。

しかし、副作用も強いということから長期間の使用ではさまざまな異常が現れてきます。

また、花粉症ということでは体質改善ということから症状を軽くすることもできます。タンポポエキスなどを使って目や鼻のかゆみを取り除くことができますが、それは体内の毒素を排出することができるものでドイツなどでは春先にタンポポを食べる習慣があり、中国などでも風邪や解毒の治療用に使っているということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>